疲労回復のカギ
疲労回復を考えるには、なぜ疲労が起こるのか? 疲労のメカニズムを知ることが大切です。このサイトでは、疲労の研究の現状やその研究からわかった疲労回復メカニズ、疲労回復物質など、疲労を回復するための情報を提供しています。疲労の感じ方は人それぞれ様々ですよね。でも、疲労を改善するためには、まず自分の体がどの程度疲労しているのか? どのくらい回復力があるのか? など、客観的に知ることが大切になります。実は、疲労回復のためのカギがここにあります。ぜひ参考にしてくださいね。
Top 疲労の回復のカギ ; > 身近な疲労回復物質

身近な疲労回復物質

疲労回復には、抗酸化力というものが重要になってきます。
抗酸化力は、ストレスに対抗する力、ストレスから回復する力を表します。
そして、この抗酸化力を高めるためには、抗酸化物質が良いと考えられています。
ここでは、疲労回復に役立つ抗酸化物質について見ていきます。


これまでの疲労回復の研究で、疲労に役立つと思われてきた抗酸化物質があります。
どのようなものがあるのか、ちょっと見てきましょう。

アントシアニン、D-リボース、カフェイン、アップルフェノン、ビタミンC(アスコルビン酸)、クエン酸、タウリン、L-カルニチン
イチョウ葉エキス、複合アミノ酸、アルファリボ酸、カゼイン由来ペプチド、DHAリン脂質、テアニン
(など20種以上)

と、色々ありますが、実は身近で意外な物質が疲労回復に効果が高いことがわかってきました。
その物質とは、イミダゾールペプチドという物質です。
ちょっと聞きなれないですよね。

でも、非常に身近なものの中に含まれている物質なのです。
何に含まれているかというと、それは「鶏肉の胸肉」です。
けっこう意外でしょ。^^


実はこのイミダゾールペプチドという物質、ものすごい疲労回復効果があるんです。
ある実験ををちょっと紹介しますね。

20人の人での実験です。
3h30分自転車こぎをしてもらい、休憩後、自転車を再び漕ぐと漕ぐ力がどうなるのか、というテストをしたそうです。

イミダゾールペプチドを飲まない場合、休憩したにもかかわらず、運動能力が低下してしまいました。
しかし、イミダゾールペプチドを飲んだ場合は、なんと運動能力が向上したそうです。
非常に高い疲労回復の効果が得られたということです。


とはいえ、まだまだ疲労に関しては、わからないことが多く、その全貌はよくわかっていないのが現状だそうです。
国際的にも疲労の研究が進んできていますので、一日でも早く疲労回復のメカニズムが解明されるといいですね。
末端冷え性を克服法しよう! 骨盤矯正体操 足ツボマッサージの効果的なやり方 短眠法で時間と元気を手に入れる! 肩コリを解消する体操とツボ
 
Copyright (C) 2008 疲労回復のカギ All Rights Reserved.