疲労回復のカギ
疲労回復を考えるには、なぜ疲労が起こるのか? 疲労のメカニズムを知ることが大切です。このサイトでは、疲労の研究の現状やその研究からわかった疲労回復メカニズ、疲労回復物質など、疲労を回復するための情報を提供しています。疲労の感じ方は人それぞれ様々ですよね。でも、疲労を改善するためには、まず自分の体がどの程度疲労しているのか? どのくらい回復力があるのか? など、客観的に知ることが大切になります。実は、疲労回復のためのカギがここにあります。ぜひ参考にしてくださいね。
Top 自分の疲労を知る ; > 疲労回復力の検査

疲労回復力の検査

疲労回復をするためには、まず自分の疲労の状態を知ることが大切です。
でも、なかなか疲労の状態を客観的に知ることって難しいと思われているようです。
ここでは、疲労の状態を客観的に見られる、疲労に関する血液検査について見ていきます。


検査はたったの5分。
その場で数値が出てきます。

では、血液検査で何がわかるのか? ということを見ていきましょう。
血液検査でわかることは、酸化ストレスと抗酸化力です。


まずは、酸化ストレスです。
ストレスがどれくらい溜まっているか、ということがわかります。
参考に、統計的な数値を見てみましょう。

●酸化ストレス
200〜:正常
301〜:ボーダーライン
321〜:軽度
341〜:中軽度
401〜:強度
501〜:かなり強度


次に、抗酸化力です。
抗酸化力はストレスに対抗する力、ストレスから回復する力を表します。

●抗酸化力
〜1400:大幅に不足
1401〜:かなり不足
1601〜:不足
1801〜:やや不足
2001〜:ボーダーライン
2201〜:適値

ということは、疲労回復には抗酸化力が大切になってくるんですね。
そして、この抗酸化力を高めるためには、ビタミンC(アスコルビン酸)などの抗酸化物質が良いと考えられています。

良く「ビタミンC がストレスに良い」なんて聞きますよね。
それは、こういう理由からだったんですね。
現在では、ビタミンC 以外にも疲労回復に良いという物質がわかってきています。

これからの研究に期待したいですね。
末端冷え性を克服法しよう! 骨盤矯正体操 足ツボマッサージの効果的なやり方 短眠法で時間と元気を手に入れる! 肩コリを解消する体操とツボ
 
Copyright (C) 2008 疲労回復のカギ All Rights Reserved.