疲労回復のカギ
疲労回復を考えるには、なぜ疲労が起こるのか? 疲労のメカニズムを知ることが大切です。このサイトでは、疲労の研究の現状やその研究からわかった疲労回復メカニズ、疲労回復物質など、疲労を回復するための情報を提供しています。疲労の感じ方は人それぞれ様々ですよね。でも、疲労を改善するためには、まず自分の体がどの程度疲労しているのか? どのくらい回復力があるのか? など、客観的に知ることが大切になります。実は、疲労回復のためのカギがここにあります。ぜひ参考にしてくださいね。
Top 疲労の現状 ; > 国家プロジェクトの必要性

国家プロジェクトの必要性

疲労で治療が必要と思われる人って、どのくらいいると思いますか?
その数なんと300万人と言われているんです。
これはもう、国も放ってはおけない状態ですよね。
ここでは、疲労の研究が国家プロジェクトとして必要なわけを考えてみたいと思います。


といっても、そんなに堅苦しい話でもないんですが。^^;
子どもの頃「疲れた〜」なんて言っても、「若いんだから寝れば治る!」なんてよく言われたものです。
でも、今問題になっているのは、まさにこの子どもの疲労なんです。

疲労は「医学・医療の忘れもの」なんて言われていて、それこそ「寝れば治る」という考えから、医学・医療界でも真剣に取り組んきませんでした。
でも、「子供たちが疲れている」という現実を目の前にしたら、このままにしていたら日本の将来が心配になってきますよね。
そこで、国も重い腰をあげたんでしょうね。

現在の日本では、老若男女問わず疲労してると言うのが現状です。
まさに疲労が「国民病」と化しているといっても過言ではないと思います。

国民病といえば花粉症が話題になっていましたが、花粉症とともにこの疲労も、そのうち国民病と呼ばれるようになるでしょう。


ちょっと話はそれました。^^;
現代の日本の現状は、子供さえも疲労が抜けないような状態に陥っています。
もう、個々のレベルで対策しているくらいでは、どうしようもないところまで来ているような気がします。
国もこのような状態を踏まえた上で、疲労の研究が国家プロジェクトとして必要であると判断したんでしょうね。

現代社会はストレス社会と呼ばれています。
このストレス社会が子供世代にまで広がってると言う証なのかもしれませんね。
末端冷え性を克服法しよう! 骨盤矯正体操 足ツボマッサージの効果的なやり方 短眠法で時間と元気を手に入れる! 肩コリを解消する体操とツボ
 
Copyright (C) 2008 疲労回復のカギ All Rights Reserved.