疲労回復のカギ
疲労回復を考えるには、なぜ疲労が起こるのか? 疲労のメカニズムを知ることが大切です。このサイトでは、疲労の研究の現状やその研究からわかった疲労回復メカニズ、疲労回復物質など、疲労を回復するための情報を提供しています。疲労の感じ方は人それぞれ様々ですよね。でも、疲労を改善するためには、まず自分の体がどの程度疲労しているのか? どのくらい回復力があるのか? など、客観的に知ることが大切になります。実は、疲労回復のためのカギがここにあります。ぜひ参考にしてくださいね。
Top 疲労の現状 ; > 疲労の現状

疲労の現状

疲労を感じている人って多いですよね。
常に疲れた感じが抜けない、ダルイ、やる気がしないなど、慢性疲労に陥っている方もかなりいます。

なんと、日本人の6割以上は感じてるとの報告があります。
これってもう、国民病といってもいいくらいですよね。
その中でも6カ月以上疲労感が取れないと訴える方が4割もいるそうです。
なんともどうにかして欲しいものです。

というわけで、'99年から疲労の研究が国のプロジェクトとして取り組み始めました。
これ以降、疲労の研究は急速に進められていますので、今では、疲労回復物質まで見つかってきています。
嬉しい限りですね。^^


'08年9月には沖縄で国際疲労学会も開かれ、今では世界からも注目されている研究なんです。
疲労が脳に重大な影響を与え深刻な疲労につながったり、新たなメカニズムが発見されるなどの新事実が分かってきています。

日本の研究ってすごいですよね。
早く我々も、この恩恵にあずかりたいものです。


話は変わりますが、過労死の申請が年々増加しているのって知ってますか?
'06年には900人を超えているんですよ。
過労で死ぬ。
この事実をしっかり受け止め、自分たちの暮らしにも活かしていけるようにしたいものです。

一時過労死の認定の裁判で話題になっていたことがありましてよね。
あれ以来、さまざまな過労死認定がなされるようになり、疲労の怖さを皆さんも認識されたのではないでしょうか。
それでも過労死は減りませんよね。

何とか一日でも早く、医療の現場でも応用できるようになることを願います。


視力回復の方法
末端冷え性を克服法しよう! 骨盤矯正体操 足ツボマッサージの効果的なやり方 短眠法で時間と元気を手に入れる! 肩コリを解消する体操とツボ
 
Copyright (C) 2008 疲労回復のカギ All Rights Reserved.